女の人

企業に欠かせない複合機|中古でもバッチリな働き

オフィスで必要

コピー機

不具合が起こる

コピー機やプリンターをオフィスで利用しているとその使用頻度にもよりますが色の元となるトナーが無くなって来て取り替えが必要となります。その場合にサイトなどで調べると、同じ型番のトナーでも価格に開きがあることに気づきます。高い価格帯のものには純正品という表示がされ、それよりも大幅に安いものにはリサイクル品や再生品という表示がなされています。安易にこの安い値段のものをリサイクルトナー販売業者から購入すると品質が一定していないために印刷面が汚れるなどの不具合が発生することがあります。リサイクルトナー販売業者も色々あり、原価は人件費と消耗部材費、輸送料などから成り立っています。このうち部品交換などのメンテナンスをせずに詰め替えるとこのような問題が起きるとされます。

信頼されているか

リサイクルトナー販売業者から購入する場合には、そのショップが信頼に値し得る業者かどうかを見極める必要があります。リサイクルトナー販売業者のサイトの上部に電話番号が記載されていれば問い合わせに応じるという意味で信頼性も高いと見られます。さらにその番号がフリーダイヤルであればサポート体制も整っていると見られます。念の為に不良品であった場合は取替えてもらえるかどうかを購入の前に確認しておくと安心して購入できるとも言えます。その際にオフィスのトナーが終わった後に使う予定の場合もありますので、保障期間も尋ねておけばまとめ買いするべきかどうかの判断もつきます。ついでにトナーが原因でプリンターが故障した場合の対応も聞いておくと、修理の費用についても判断がつくことになりますので有益となります。