笑顔の男女

企業に欠かせない複合機|中古でもバッチリな働き

安く利用する

3Dプリンター

まだ登場したばかりの3Dプリンターは、値段も高いので購入するのも中々難しいでしょう。しかし、ある分野ではすでに実用的に使用されています。安く利用する方法として、レンタルという方法があります。

View Detail

コスト削減が可能

無線機

企業においては、コスト削減策としてIP携帯の利用が行われています。同じアプリを入れた携帯電話の端末同士では無料で通話できるので、今後も普及してくと考えられています。

View Detail

オフィスで必要

コピー機

リサイクルトナー販売の安価さは、オフィスで必要なプリンターを利用していくにあたって欠かせません。万が一の保証期間や故障対応と合わせて、情報収集を行って利用していきたいところです。

View Detail

多くのメリット

3Dプリンター

3Dプリンターで自分自身がメーカーに

3Dプリンターという言葉はだいぶ普及し、現在は低価格で購入できる機種も出てきており、身近なものになりました。そもそも、3Dプリンターは何かというと、立体を表わすデータをもとに、樹脂などを積層して立体物を作成するものです。3Dプリンターが身近にない時代は、CAD図などを書き、材料を手配し加工をしなければ、立体物として可視化することはできませんでした。しかし、3Dプリンターがあれば、立体データさえあれば、いくらでも立体物をアウトプットできます。これにより、アイディアを図面にして、試作品まで作るという一連の行為を個人が行えるようになります。これは、まさに、個人がメーカーになることを意味しているのではないでしょうか。材質を鉄などに変更したければ、3Dプリンターで作った試作品をもとに業者さんへ依頼することも可能のようです。みなさんも、3Dプリンターでものづくりに挑戦してみてはどうでしょうか。また、複合機などに関しては中古品で揃えるのが最適です。会社などで欠かせないビジネスフォンを始め、一つ一つを新品で揃えていては費用が掛かってしまいます。複合機は毎日のように使用するので、故障した時もコストをかける事がありません。中古でも質の良いものは沢山あるでしょう。

3Dプリンターのもたらすメリット

3Dプリンターが登場したことによって大量消費時代に大きな変革をもたらすことになりそうです。大量消費を支える影には差大量生産という体制があります。同じものを同じカタチで大量に生産することができる3Dプリンターというのは、今後この大量消費社会を下支えする大きな要素になることは言うまでもありません。以前は3Dプリンターというのは大量生産の全段階として立体的な模型を作ったり、細部の確認のために作られていたものが、3Dプリンターの性能が飛躍的に高まったことから、大量生産の可能性を十分に秘めている点にあります。3Dプリンターを活かして同じ製品を大量に作り出すことが可能となり、そのカタチへの変化にともなって生産できるようになります。